鯛めし

調理時間40分

鯛を焼いて炊くことにより、くさみが減り香ばしさが出ます。また、鯛を水につけたままにしておくと臭みが出るため、炊飯鍋に入れたらすぐ炊きましょう。鯛は産卵後、脂が落ちてしまうので晩秋から春にかけて美味しい時期になります。


【材料】4人分
お米 2合、A(だしつゆ 大さじ2、酒 大さじ2、みりん 大さじ1)、昆布 5cm角1枚、真鯛 切り身2切れ(骨付)、塩 少々、三つ葉 適量、生姜 適量。

【作り方】
※STAFF VOICE 教室は和やかな雰囲気で親切丁寧に教えてくれます。料理のマメ知識も豊富で、レパートリーが増えて家族にも喜ばれるはず!
(1) 洗ったお米と昆布を炊飯鍋に入れ、お米と昆布がつかる程度の水を加え30分~1時間奥。
(2)鯛全体に塩少々をふり、グリルで鯛に焼き目が付くまで焼く。
(3) (1)の炊飯鍋にAを加え、2合の目盛まで水を加え、昆布の上に(2)の鯛をのせて炊く。
(4)炊き上がったら鯛を取り出して身をほぐしてから炊飯鍋に戻し、千切りにした生姜と三つ葉の茎を入れ、混ぜ込む。器に盛り、三つ葉を飾る。