豆腐と長芋の揚げ出しもちきびあんかけ

調理時間30分

長芋は弱った胃腸の回復を助けます。生でも食べられるので、揚げすぎないように気を付けましょう。もちきびは疲労回復や日焼けした肌の修繕を助けます。もちきびを使うことによって優しいとろみのあんができます。

【材料】2人分
木綿豆腐 1/2丁、長芋 150g、にんじん(千切り) 1/4本、お好みきのこ(小房に分ける) 100g、出汁 1カップ、もちきび 大さじ3、しょう油 大さじ2、みりん 大さじ3、塩 適量、片栗粉・揚げ油・ゆずこしょう 各適量

【作り方】
※STAFF VOICE 三宅先生の料理教室は、出来上がった料理を食べた後の体調がとても良いです。野菜の扱い方やマメ知識まで、丁寧に教えてくれます。家族の体調管理にも役立ちますよ。

(1)豆腐を4等分にし、キッチンペーパーに30分ほど置き、水気を切る。長芋はひげ根を焼き1cmの厚みで輪切りまたは半月切りにする。
(2) 鍋に出汁ともちきびを入れ蓋をして中火にかける。煮立ったら火を弱めお粥のようにとろみがつくまで炊く。(5・6分程度)にんじん、しょう油、みりんを加え、塩で味を調える。仕上げにきのこを入れて混ぜ合わせて蓋をし、ひと煮立ちさせ火を止める。
(3) (1)と長芋に片栗粉をまぶし、180℃の油で衣がカリッとなるまで揚げる。
(4) (3)を器に盛り、(2)のあんをかけ、お好みでゆずこしょうをのせる。